毘沙門天管弦楽団

ごあいさつ

7月29日(日)開催の第54回演奏会には、多くのお客様にご来場いただき、おかげさまで盛況のうちに演奏会を終えることができました。今回の演奏会では、ブラームス:ハンガリー舞曲集より抜粋、サン=サーンス:交響詩「死の舞踏」、ブラームス:交響曲第2番というプログラムでしたが、出演者一同、精一杯の音楽をお届けすることが出来たと思っております。改めて御礼申し上げます。

次回2月24日(日)開催の第55回演奏会では、シューベルト:ロザムンデ序曲、サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番、ベートーヴェン:交響曲第7番を演奏いたします。次回も魅力的なプログラムとなりますので、またぜひ足をお運びいただきたく、今後ともよろしくお願い申し上げます。

このページの先頭へ